PAGE TOP

NEW! INFINI Automated Exchanges
相殺処理 変更のお知らせ

2018年6月28日(木)より、INFINI Automated Exchangesにて
減額時に行われるFare-Tax間の相殺処理について、「相殺しない」を基本処理とする変更を行いました。

※INFINI Automated Exchangesのご利用にはお申し込みが必要です。
 詳しくは、弊社営業担当までお知らせください。
※利用可能航空会社、その他最新情報につきましては、INFINI LINXポータルサイトをご覧ください。

■ 主な変更点
 @ Fare-Tax間の増減額の相殺を行いません。
 A Refundable Balance EMD-SのTax内訳表示が可能となりました。
 B FPラインにて減額Fare/Taxの修正が可能となりました。

  変更前 変更後(基本処理)
Fare-Tax間の相殺 相殺する (※1) 相殺しない (※1、2)
Change Feeとの相殺 航空会社の運賃登録
CAT31に基づく (※3)
航空会社の運賃登録
CAT31に基づく (※3)
Refundable Balance
EMD-SのTax内訳表示
不可 可 (※4)
FPラインでの減額修正 不可

※1 航空会社ポリシーにより、LHについてはいずれの設定の場合も相殺されません。(2018年7月現在)
※2 PCC単位で「相殺する」処理を選択することも可能です。ご希望の際は弊社営業担当までお知らせください。
※3 CAT31の登録に基づき処理を行います。CAT31に「相殺する」登録がある場合は、
Fare-Change Fee間の相殺のみを行い、減額Taxについては相殺されません。
(減額Tax分は払い戻し不可Taxも含め、すべてRefundable Balanceとなります。)
※3 払い戻し不可Taxが含まれている場合は、必ずFPラインにて減額分の修正を行ってください。

利用例など当機能の詳細は、INFINI LINXポータルサイトお知らせ画面をご覧ください。
 

ますます便利になったINFINIを是非ご利用ください!